04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
博多んもん★点取り

おみくじ

プロフィール

azakoha

  • Author:azakoha
  • AZAとKOHA仲良しブログです。主にAZAが管理しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Lc.追いタイトル

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひめちゃんとふたりのおかあさん

2012.03.07 00:12|最近のお気に入り


私の住む街の動物園は、とべ動物園といいます。
KOHAさんが子供の頃には良く連れて行ってましたが、流石に中学生、高校生の頃には足が遠のいていました。
ところが、数年前にIATの飲み会を通じて、なんと!!とべ動物園のゾウの飼育員さんと知り合ったのです。それからというもの、縁遠くなっていた動物園の話題が身近になって、すっかり動物園フリーク。
日本では珍しいゾウの繁殖など知り、成人式も過ぎたKOHAさんと動物園に行くようになりました。

今回こちらでご紹介するのは、そのゾウの飼育員さんが登場する児童書です。
主役はゾウのひめちゃんですがw
動物園で育った母親ゾウが出産し、子供を受け入れられないために、ひめちゃんと名付けられた子ゾウは人工哺育で育てられます。その人工補育の過程と母と子の歩み寄りの過程が、小さい子供でも解る文章で綴られています。
母親ゾウはひめちゃんの弟 とむくんの出生からは、ひめちゃんとの経験を学習し、母性に目覚めて育児をする母親になっています。

野生を知らないゾウとそれをサポートする人間。読み終わる頃には、涙がポロポロ出てきました。

昨今、自分の子供を虐待し、挙句に殺してしまう親のニュースが増えている気がします。
ゾウだって学習して親になろうとしているのに、人間が、、、と思うと情けないです。人間がゾウより勝るとは言いませんが、他の動物にできることが出来ないのはいけませんね。
知らない事があっても、人間は、メディアや文献から学習する事が出来る筈です。今は子育て支援の施設もあります。

子供や子育て中の親御さんは勿論、これから結婚、妊娠、出産を控えている世代の方にも是非読んでもらって、家族や生命の事について考えてもらいたい本です。

是非是非どうぞw


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。